<図書館の未来>を考えるために最も重要な図書館のひとつ ニューヨーク公共図書館 幹部が来日、 パネルディスカッションを開催
『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』 公開記念パネルディスカッション
ニューヨーク公共図書館と<図書館の未来>
内容:社会のデジタル化に直面し、全世界の図書館が、新しいあり方を模索しています。
社会のデジタル化がすすみ、全世界の図書館が新しいあり方を模索する中で、ニューヨーク公共図書館(NYPL)は、驚くほどに多彩な活動を成功させ、世界中から注目されている図書館です。彼らは、その活動を実現するために、いかに認知度をあげ、いかに支援者を獲得しているのでしょうか。
アカデミー賞名誉賞受賞の巨匠フレデリック・ワイズマン監督が、ニューヨーク公共図書館の舞台裏に迫った傑作ドキュメンタリー『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の公開を記念し、ニューヨーク公共図書館幹部キャリー・ウェルチさんが来日。第一部ではキャリーさんのトークと映画の紹介。第二部では“図書館員のバイブル”とも呼ばれる名著で知られる在米ジャーナリスト、日本の図書館関係者、研究者など豪華パネラーを迎え、パネルディスカッションを開催。会場からの質問も受け付ける予定です。
開催日時:2019年4月9日(火)18:30-21:30  *開場:18:15

会場:日比谷図書文化館コンベンションホール(地下)
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4 (旧・都立日比谷図書館)

入場:無料

申し込み:下記入力フォームよりお申し込みください
https://goo.gl/forms/hehBsh5Fkk0muqU53

第一部:トークと映画の紹介
キャリー・ウェルチ(ニューヨーク公共図書館渉外担当役員・映画に登場している幹部)

第二部:パネルディスカッション
パネラー/キャリー・ウェルチ(ニューヨーク公共図書館渉外担当役員) 
パネラー/菅谷明子(在米ジャーナリスト、ハーバード大学ニーマン・ジャーナリズム財団役員)
*2003年に出版されて以来、日本の図書館員のバイブルとも言われ、現在まで重版を重ねるロングセラー「未来をつくる図書館~ニューヨークからの報告」(岩波新書刊)の著者。

パネラー/田中久徳(国立国会図書館 総務部部長)
パネラー/越塚美加(学習院女子大学国際文化交流学部 教授)
モデレーター/野末俊比古(青山学院大学教育人間科学部教育学科 教授)


主催:ミモザフィルムズ/ムヴィオラ 協賛:株式会社図書館流通センター
後援:アメリカ大使館/朝日新聞社 協力:公益社団法人日本図書館協会