loading...

金の糸

旧市街の片隅で私たちは語る信じて欲しい壊れた過去も美しいと。

日本の“金継ぎ”に着想を得て。 ジョージアの激動の時代を生きた女性監督ラナ・ゴゴベリゼが描く。

2/26(土)より岩波ホールほか全国順次公開!

ジョージア映画祭 2022 コーカサスからの風
-

解説&物語

image image

女性作家エレネとその人生に関わった人々の過去、
そしてソヴィエト連邦下の記憶。
伝説的な女性監督ラナ・ゴゴベリゼが91歳にして、
日本の“金継ぎ”に着想を得て描いた過去との和解の物語。

imageトビリシの旧市街の片隅。作家のエレネは生まれた時からの古い家で娘夫婦と暮らしている。今日は彼女の79歳の誕生日だが、家族の誰もが忘れていた。娘は、姑のミランダにアルツハイマーの症状が出始めたので、この家に引っ越しさせるという。ミランダはソヴィエト時代、政府の高官だった。そこへかつての恋人アルチルから数十年ぶりに電話がかかってくる。やがて彼らの過去が明らかになり、ミランダは姿を消す……。
3人を結ぶ過去が語られ、ソヴィエト連邦下の記憶が重ねあわされていく。ジョージアの伝説的女性監督ラナ・ゴゴベリゼが、自身の過去を投影し、91歳にして発表した過去との和解の物語である。音楽は2019年に亡くなった世界的作曲家ギヤ・カンチェリ、映画監督でもあるナナ・ジョルジャゼが主役のエレネを演じている。

image

トビリシ、という古都への
ラブレター 

image

映画の舞台は、かつてグルジアと呼ばれていたジョージアの首都、トビリシ。旧市街の古い石畳から一歩中に入ると、中庭をかこむように古い木造の集合住宅がある。住人たちは中庭を囲んでいまだ人情を感じさせる付き合いをしている。そこに主人公エレネの家がある。この中庭をうまく生かした作劇と撮影の見事さも本作の大きな魅力の一つである。

image
-

監督

日本人が数世紀も前に壊れた器を金で継ぎ合わせるように、 金の糸で過去を継ぎ合わせるならば、 過去は、そのもっとも痛ましいものでさえ、財産になることでしょう。 ──ラナ・ゴゴベリゼ監督

- -

キャスト

image
-

スタッフ

image

キーワード

- -

金継ぎ

image金継きんつぎとは、割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる日本の伝統的な修復技法である。金繕きんつくろいとも言う。破損部を漆で修復した痕跡は縄文土器にもみられるが、室町時代以降、蒔絵など漆を使う工芸技術と、修理した器もありのまま受け入れる茶道精神の普及により、金継ぎに芸術的な価値が見いだされるようになった。本阿弥光悦作の赤楽茶碗(銘「雪峰」)のように、文化財に指定されたり、骨董として珍重されたりする金継ぎ陶磁器もある。現代においても、愛用の器を修理して長く使い続けたり、金継ぎの過程や跡をアートとして楽しんだりするために、趣味として楽しむ人も多く、金継ぎ教室は人気が高い。

image

本作中でエレネの部屋に飾られている
「金継ぎ」アートについて

映画に登場するのは「金継ぎ」アート作品で、英国ブライトンを拠点とする芸術家シャーロット・ベイリーによるもの。これは、金継ぎとダーニング(繕い・かがりもの)のハイブリッドアートで、壊れた各部分を布で包み、金の金属糸を使用してそれらの部分を丹念にパッチワークしている。

- -

ジョージアという国

ジョージア(英語名称Georgia)はユーラシア大陸の奥深く、コーカサス山脈の南に位置する、人口およそ400万の国。南北を山々に囲まれ、西は黒海に面している。ヨーロッパとアジアの間に位置するこの国は、古くからキリスト教圏とイスラーム圏の双方の文明の交差点となりつつも、独自の文化を守ってきた。日本における国名呼称は、2015年4月22日以降「グルジア」から「ジョージア」へ変更となった。ジョージア語の国名は「サカルトヴェロ」である。世界最古のワイン生産地ともいわれ、ワインのみならず豊かな食文化がある。また多くの詩人を輩出する文化の国でもあり、美術の分野では映画にもなった画家ピロスマニがよく知られる。独自の舞踊や多声合唱をはじめとする音楽も有名。スポーツの分野ではラグビーやサッカー、また日本では栃ノ心など大相撲でもジョージア出身力士が活躍している。

image
image
■ 基本データ
首都トビリシ
貨幣ラリ(₾)
*1ラリ=約36円(2021年11月現在)
面積69,700㎢ (日本の約5分の1)
公用語ジョージア語 *およそ1600年以上の歴史を持つ、独自の文字で書かれる
最大の宗教ジョージア正教
民族カルトヴェリ系 (86.8%)、アゼルバイジャン系 (6.2%)、アルメニア系 (4.5%)、ロシア系 (0.7%)、オセチア系 (0.4%) (2014年、ジョージア国勢調査)
-

トビリシ旧市街

image首都トビリシの南北に広がる街の南側が旧市街、北側が新市街。新市街はヨーロッパ調のメインストリートを中心とする一帯。旧市街には、庶民的なたたずまいの路地や中庭を囲んで隣近所が仲良く暮らすトビリシの日常がある。映画の中でエレネが暮らす古い家は、伝統的な集合住宅で、中庭があり、住民たちは親密な関係を築きながら暮らしている。

image

予告編